リスクやメリットについて知っておこう

四つのメリット

まずはメリットについてお話します。
メリットは大きく分けて四つあります。

一つ目は、少ない金額から始められます。
普通、株式投資や債権投資にはある程度まとまった資金が必要になります。
しかし、投資信託の場合は一万円程度の金額から手軽に始めることが出来ます。

二つ目は、株式や債券などに分散して投資することが出来ます。
個人の投資家が、自分だけで分散投資しようとするのは多くの資金が必要になります。
しかし、投資信託は株式などのいろんな資産に分散されるのでリスクが軽減出来ます。

三つ目は、専門家により運用されます。
投資信託は、経済や金融などに関する知識がある専門家が、投資家に代わって運用していきます。

そして四つ目は、高い透明性があります。
原則として毎日取引価格が公表されているのでその動きがわかりやすく。監査もこまめに受けれるので、安全性も高いです。

リスクの種類

その一方でリスクもあります。

その中で多いのは、価格や為替のリスクです。
この二つは日に日によって変動する可能性が高いので、昨日良かったのが今日にはあまり良くないなんていうのは珍しい話ではありません。
投資家はそのギリギリのラインでせめぎあっています。

その他には、債券などを発行する国や企業が、財政難や経営不振に陥ってしまったなどといった信用問題に関するリスクもありえます。

また、金利が変動する可能性があるというリスクも出てきます。
一時的に金利が上がると価格は下落し、下がると債券の価格は上がります。
また、満期までの期間が長ければ長いほど、金利変動の影響を大きく受けます。

このように、投資信託ごとにリスクの種類や大きさは異なります。
なのでそれぞれの投資信託持つリスクを知ることが大切です。


この記事をシェアする