投資信託の基礎知識を学ぼう

基準価格

まずは基準価格についてお話したいと思います。

基準価格とは、つまりは投資信託の値段のことを指します。
投資信託には、取引を行う際の口という単位があります。
一口何円という形で運用していきます。

どのような計算方法なのかというと、投資信託に使用される資産のうち、投資家本人に帰属しているお金を「純資産総額」といい、この純資産総額をその時投資した投資信託の総口数で割ると一口分の金額、つまり「基準価格」が計算されます。

いわゆる証券取引所に上場している株式はその場その場で株価が変わりますが、一般的な投資信託の基準価格は、投資信託が組み入れている株式や債券などの時価評価を元に算出されており、一日に一つの価格として公表されています。
取引によっては、締め切った後で、投資家がその日の基準価格が不明な状況で行うこともあります。

分配金

投資家は購入した時点での基準価格より、換金時の基準価格が高ければ高い利益をあげることが可能ですが、投資信託における利益はそれだけではありません。

投資信託には「分配金」というお金を、投資信託の決算が行われる際に支払う仕組みがあります。

分配金は、簡潔に話すと投資信託側が株式や債券に対していくらか投資し、プロが運用して得た稼ぎを保有している口数に応じてそれぞれの投資家に分配されるものです。
そしてどのようにして投資家たちに支払われるのかというと、各々の投資信託が抱える信託財産となるものから支払われます。
そのため分配金が支払われると、「純資産総額」と「基準価格」は減っていきます。

支払いに関する方針はその投資信託によってさまざまです。
契約の際に確認するのが無難でしょう。
また、支払い頻度についても毎月だというところから年に一回だけのところまでと投資信託ごとに変わってきます。
その辺も確認しておきましょう。


この記事をシェアする